印鑑の意味とは?

社会人になってからは、何かと使う機会の多い印鑑。契約書等の重要書類を書いては印鑑をペタン。毎日の出勤簿に印鑑をペタン。書き損じがあれば二重線で消して訂正印をペタン。印鑑を使わない日の方が少ないでしょう。何の気なしに日常的に使っている印鑑ですが、その存在に時々疑問に思うときもあります。例えば、よく文章を間違って書いてしまうことの多い私にとってなじみ深い訂正印。会社の記録物を訂正するときはこの訂正印を使っていました。諸事情により転職することになり、転職先での会社の記録物でも案の定書き損じをじてしまう私。しかし、そこの会社では訂正印ではなく、赤のボールペンでサインして○で囲む、という方法がとられていました。そのことが特に監査に引っかかることもなく通っているそうです。あれ? それじゃあ別に印鑑いらなくね? と当然の疑問が生じました。

考えてみれば、印鑑なんて誰にでも作れます。印鑑によって証明できることって何があるのでしょうか?特注の印鑑でさえも、日本国のお札ほど偽造は難しくはないでしょう。印鑑を使う国は、日本の他には発祥の中国くらいのもので、海外ではほとんどが自筆のサインを用いるのだと聞いていますが、何かを証明するのであればその方がよほど合理的。それでも印鑑を多用する理由はいったい何なのでしょうか?もちろん全てを合理的に考えてしまえば、文化などという概念は成り立たなくなってしまうのですが…

・中国から伝わったからなんとなく我が国でも惰性で使っちゃってるよ
・印鑑産業で景気安定の一助になってるよ
・サインするの面倒でしょ
・特注の印鑑持つと大人になった気がするね
・印鑑押すとなんとなく書類が引き締まるね
・何故かみんな使ってるし使えって言われるし言われるまま使ってるよ

以外の理由があったらぜひ知りたいものです。まあそうは言っても社会の中で生活するには印鑑は必須なので私も持っていますし、けっこう良い物を選んでいます。私が持っている印鑑はチタンで作られた頑丈なやつです。結構なお値段でしたが壊れて何度も買い換えるよりは良い物を持つほうがいいのかなと思っています。

幼稚園最後の運動会

先日の日曜日は、長女の運動会でした。今年で運動会も最後と言うことで、本人も毎日家でダンスの練習やらを必死になって頑張っていました。そして、本番当日。お天気にも恵まれ、絶好の運動会日和。最初の準備体操からうちの娘はやらかしてくれました。周りとに比べ、一人だけ明らかにテンポがおかしいのです。思わず笑ってしまいました。そして、2つ目の競技。徒競走。なぜかうちの娘だけ、斜めに走ります。それも満面の笑顔で。まったく競争心というものが見れませんでした。もちろん結果はビリでした。最後の競技ダンスこれには泣かされました。年少さんとの合同の競技だったのですが、しっかりと手を握りグラウンドまで誘導していたのです。つい最近まで、一人で何も出来なかった娘が自分より小さな子供の手をひいて、一生懸命にダンスする姿に自然と涙がこぼれました。ダンスが終わった後の本人のやりきった顔はとても誇らしげに見え、いつもよりも少しだけ大きく見えました。その日は、頑張ったご褒美に娘の大好きなお寿司に連れて行き、帰ってからは久しぶりに二人でお風呂に入り、いっぱい遊んでママに怒られてしまいました。このまま大きくならないでほしいなぁ。いつまでも、パパ大好き!って満面の笑顔でいってほしいなぁ。親わがままは尽きることはありません。

休日にゲームでまったり

休日はいつも外出していますが、今日は家でまったりしています。いつも外に行くとウインドウショッピングをして要らない物を買ったりしてしまうんですよね。可愛い物が目に入ると衝動買いをしてしまうので、ゲームでもしてまったり過ごそうかなと思ったらオンラインのゲームにはまりそうです。昔はそれなりにゲームをしていたのですが、久々にやるととても楽しいです。オンラインゲームの魅力はチャット機能です。様々な方と話しながら協力する事がとても楽しいです。ただのチャットと違って何かをするという部分が楽しさを倍増してくれると思います。ゲームが苦手な人でも簡単に操作出来るのも良いです。私もゲームがあまり上手くないのですが、簡単で手軽にそして無料なので楽しめています。仕事をし始めると友達と会う機会も減るので、寂しがり屋の方にはお勧めです。もし暇だけど何をしようか迷っている人がいましたら、是非試してみてください。みんなで休日をわいわいしませんか。

目覚まし時計

朝起きるのが苦手なのでいつも目覚まし時計をセットして寝るようにしている。先日いつもどおり目覚ましをセットしてネタのだけれど、朝起きたら1時間もセットした時間より遅く起きてしまった。目覚まし時計を確認するとアラームは止めたことになっている。止めた覚えがまったくない。ちょと最近疲れすぎかなあ。

パパと息子のゲーム大会

最近はパパのお休みの日は決まって息子とカードゲームやら、人生ゲームやらゲーム三昧です。完全インドアな余暇を過ごすようになりました。寒い季節に外に出てキャッチボールをして(パパが)怪我したり、風邪をひいたりしても困るので私としては安心な気持ちもあります。主人も小さい頃インドアでゲームばっかりやっていたようなので確実に受け継がれているようですね。たまには暖かい晴れた日にでも外で駆け周ってきて欲しいという気持ちも沸きつつあるのでゲームばかりしている姿を見ると最近はちょっとイラットするときもあるんです。まあ、主人からしてみると自分の時間は後回しにして息子と遊んでくれているのでこれ以上は言えないですよね。アウトドアな要素は学校や、習い事でカバーしないとバランスが取れないなと大きくなっていく息子を見ながら最近思うようになりました。汗を流して皆でぶつかりあう体育会系な男性にもなってほしいと母親の理想はただただ上昇していくばかりです。ウォーターサーバーで美味しいお茶

梱包資材

「ピンポーン」と通販で注文しておいたシャンプーやヘアケア用品が届く度に子供が喜んで応対しようとしています。これは完全に自分にプレゼントが届いたと勘違いしている様子です。案の定、自分のものじゃないとわかるや否や怒り始めるのだから、たまったもんじゃないですよね。今日もたまたまたて続けに在庫を切らしていた雑貨類が2度届いたので2度子供に怒られたところです。母親である私も逆切れしそうになりますが、ここは感情を抑えつつなだめるのに一苦労なんです。怒りのおさまらない子供は、これ見よがしにとは言いませんが、「何かしているな~」と思ったら、梱包資材のプチプチや、紐やダンボールでなにやら遊び始めていました。結構楽しそうに色々作り始めているので梱包資材がどうやら自分宛に届いたプレゼントと思うようにしているようです。子供って何でも遊び道具にしてしまいますよね。面白い梱包資材がないかな~なんて私も期待してしまいそうです。プチプチを妹と必死でつぶしあった思い出が蘇ってきました。