幼稚園最後の運動会

先日の日曜日は、長女の運動会でした。今年で運動会も最後と言うことで、本人も毎日家でダンスの練習やらを必死になって頑張っていました。そして、本番当日。お天気にも恵まれ、絶好の運動会日和。最初の準備体操からうちの娘はやらかしてくれました。周りとに比べ、一人だけ明らかにテンポがおかしいのです。思わず笑ってしまいました。そして、2つ目の競技。徒競走。なぜかうちの娘だけ、斜めに走ります。それも満面の笑顔で。まったく競争心というものが見れませんでした。もちろん結果はビリでした。最後の競技ダンスこれには泣かされました。年少さんとの合同の競技だったのですが、しっかりと手を握りグラウンドまで誘導していたのです。つい最近まで、一人で何も出来なかった娘が自分より小さな子供の手をひいて、一生懸命にダンスする姿に自然と涙がこぼれました。ダンスが終わった後の本人のやりきった顔はとても誇らしげに見え、いつもよりも少しだけ大きく見えました。その日は、頑張ったご褒美に娘の大好きなお寿司に連れて行き、帰ってからは久しぶりに二人でお風呂に入り、いっぱい遊んでママに怒られてしまいました。このまま大きくならないでほしいなぁ。いつまでも、パパ大好き!って満面の笑顔でいってほしいなぁ。親わがままは尽きることはありません。

Comments are closed.